ふと気づく初カナカナよ七月尽

誰が読むわけでもない日記を書く

7月が終わっていくのを冷静に見ている自分がいる反面
もう少し何か暴れることをしてもいいようにも感じている

♥  自分のなかにある自分がいちばん知りたくないこと
(語録から)

(30日)

土用の丑の日で
お店には鰻が並んだ

無意味に あるいは 意地を張ってか
反発のようなことはやめて 鰻を買おう

2000円くらいが相場のようで
1匹を二人で分けて食べる

酒を呑む人の飯台はそれでは少しばかり不満足で
冷奴とか
玉子焼き(半助を入れて う巻風にしてみる)
などが並ぶ

2,3年前の健康診断で記録をした体重から
ここんところの体重は6キロほど少なめになった
肉が減ったとか 腹回りが凹んだという実感はない

6キロなんて儚いもので
まんじゅうを食べてアイスコーヒーを飲めば
1キロ増えているのだから
6キロなんてのは数字の遊びだ

(31日)

昼間には畳の部屋を開け放ち
8耐の中継をつけて昼寝をする

楽器をソラくんの届けに行き
日暮れどきに歩きに出る

ひぐらしがカナカナカナと鳴いているのを聞く

♠ ふと気づく初カナカナよ七月尽
♠ カナカナが鳴けばよけいに夕焼け赤い
♠ あの人はあの夕焼けのもっと向こう

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中