夏から秋に 美味しいものもかわりゆく

8月下旬はあっという間です
台風の徘徊のおかげで涼しい日が多かった

(中断中 追加あり)

(28日の日記から)

夏が終わってゆく惜しみながらだだ茶豆を食う

8月も終わってゆきます

新学期が始まって
生徒たちが電車の乗ってきて
嗚呼夏も終わりやなと思うのでした

土曜の夜にムスメが帰泊していて
いなくなったので質素なおゆうはんとなります

茶豆を食べながら
もうこれもそろそろ終わりやね
お鍋の季節も近いね
などと言いながら豆を食う

嵐が太平洋をウロウロしてせいか
お魚やさんの魚がちょっと淋しいような気がする

ハマチがあったので
照り焼きにした

♠︎

(26日の日記から)

とんかつは安上がりですね

(24日)
ムスメが帰泊する日には
ハハはがんばって何かを美味しいおゆうはんを
と思うのでしょうが
焼肉になってしまうことも多く

お魚にしようかなと考えたのですが
台風のせいもあってか
イマイチ思うようなものが
並んでおらず
ちょっと残念ですが

とんかつでした。(24日)

あくる日とかは
残り物のなまぶしで食べて

26日などは
サンマのみりん干しだったのだ

❤︎

23日 巨峰の写真を載せている
好きなんです 巨峰

角煮が食べたくてビールも買う

(20日)

お酒というものは
ご機嫌なときに飲むものだ

体調が悪いとか
腹が立つできごとがあったとか

そういうときは
マズくなるだけだから飲まないほうがいい

毎日 お酒を飲む日が続いているのは
幸せで健康な証だと思う

角煮が食べたくて
店で肉屋を覗いていると
気に入った肉に出会ったので
透かさずに買った

私の角煮は
肉をまずフライパンでよく焼きます

こんがり焼けてから
お砂糖をふって
お酒をふって
みりんをふって
醤油もふって
出汁も付け加えて
煮込みます

他に使う材料はシンプルです
ピーマンとかシシトウ、万願寺唐辛子などを入れると肉に旨味が出ます
ゆでたまごを入れると、美味しい卵に変身します

生姜やにんにく、唐辛子も忘れずに

おぼんは少しだけドタバタしたけど


8月10日に図書館で一冊借りて
二冊の文庫を買う

三冊ともが堀川恵子さんのもので

  • 裁かれた命
  • チンチン電車と女学生
  • 原爆供養塔

その中から

  • 原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年

は2週間の期限があるので最初に読み始める

感想は別日記に書いておく


お盆は出勤混じりですので
合間に墓参りを済ませて

大文字の夜は京都に行き
あくる日に娘夫婦のクルマで
家まで送り届けてもらう

(12日)金曜日

仕事に行って
夜は麻婆豆腐

(13日)土曜日

お昼に伊勢うどんを食べてから
お墓にお参りして
お夕飯を家でよばれてから帰る

(14日と15日)

仕事に行って

(16日と17日)

京都へお墓参り
16日 京都駅前ポルタのハゲ天で天丼

大文字は夕方から土砂降りで
雨に霞んで東山の大は見えず
鳥居だけが見えました

17日の午後
ムスメ夫婦に乗せてもらって家まで
カツオのたたきと高菜巻き(サバ寿司)を買って家でくつろぐ

19日の夕刻
駅を降りて稲刈りの田んぼを発見
少し早いね こんなもんだろうかね