だだ茶豆先輩の訛り思い出しながらビールを飲む

(8日)

先輩は山形県米沢市の興譲館というところの出身で
仙台で浪人を経て東京に出てきた人でして
ビールが好きで
隣の部屋で夕食後に一段落勉強を終えると
毎晩 しゅぽんと音を立てて栓を抜くのです

訛りがあり素敵な口調で色々と為になる話をしてくれました
江古田の下宿での時間は人生の基礎となった掛け替えのない時間でした

(7日)

♣立秋と言うだけで夕焼け赤い
♣好きな人にオススメの本など尋ねている秋のはじまり
♣さようなら君に手を振れば秋の雲

Y先生にメールを書いて
もう夏休みも半分が過ぎましたね と書いたあと
羽田圭介のオススメを尋ねてみたり

おゆうはん(ゆはん)は鯛の塩焼きを食べる
ビール付き

(6日)

♣きのうから涼しい顔でドアの裏

♣4時が暗いやんか
♣暁のモーニング・ウォーカー歳上ばかり

♣きのうから涼しい顔でドアの裏

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中