ブリを食べてブリを捌いていた父を思う

日記って
しっかり書いておこうと思うものの
毎日 たっぷりと書くのは難しいです

なかなか落ち着いて自分の机に向かって
じっくりものを考える時間ってないんですね

けど

無駄な日記や記録はある意味では大切ですし
思いついたことも書き留めておきたい

ただし
あとで選別して処理(処分)するときに
捨てられずに悩んでしまって困る

そういうわけで
大事なことだけ書こうと思ってみたり
ゴミでもいいから書きまくっておこうと思う日があったりする

方針が少しずつ転換する日々なのです

🍀

もうすぐ 時期が来るだろうから
何を遺すかを真剣に考える日々です

そういう人って多いはず

一月尽
寒波が去ってゆるくぬくたい一月尽

子どもたちは越前町にカニを食べに行き
インフルエンザ警報も出ていながらも
今のところ誰も罹らずにいるので
ええやろう

霜が降りた日もあった

大寒のころに逝ってしまって
この冷たい土の中に眠った人は
さぞや寒かろうにと思いながら
駅への道を歩く日の出前だった

15日から24日まで - 大寒号

15日から24日まで

🍀

小寒になったと思っていたら
あっという間に大寒(20日)を迎えて
母の誕生日(21日)も
父の命日(22日)も
寒さもマックスです

21日22日と京都に行っておりました
雪がところどころあります

県境の峠は真っ白でした

🍀

写真の豚肉と大根ですが
なかなか旨かったです

今まで類似料理はしたけれど
豚肉の食文化ではないせいか
躊躇っていたのです

🍀

14日15日はセンター試験
多くの地域で雪でした

私は一期校二期校の時代の人ですから
こういう試験はピンと来ません

一見易しい問題に見えます
ほんとうはどうだか分かりませんが
見かけも難しそうな問題を並べて
それに襲い掛かるようにチャレンジした昔を思い出しておりました

寝静まるあとを寒波が追いかける - 成人の日号

【裏窓から】を
なかなかよう書かんとおります

頭に刺激がこないから
考えに浮かぶものが貧弱で
詰まらないのだろうと自省しています

成人の日を含む三連休
二日目が一日中冷たい雨の降る日でした
初日と三日目には歩きに出て
なんとか体重は δ=1Kg 増程度で抑えている

お餅とサツマイモとストーブが怖いなあ

元旦は少し朝寝をしてお雑煮をいただく

(31日)
ムスメっちは旦那さんが仕事だったので大晦日の夜は
昔のように3人+孫のゆうちゃんと過ごしました

私は紅白歌合戦が始まった頃に
風呂に入って寝床で読書をしてましたが
寝落ちしてしまったようです

(元旦)

朝からお酒をといくわけにもいかないので
大人しく小食でといっても
お餅ってすぐに3、4個食べてしまいます

ムスメっちは朝のうちに少し急いで片付けて
おせちを作ると言って帰っていきました

午後から夜半にかけて
年始の挨拶のために母を訪ねて
飲ませてもらって帰ってきました