ブリを食べてブリを捌いていた父を思う

日記って
しっかり書いておこうと思うものの
毎日 たっぷりと書くのは難しいです

なかなか落ち着いて自分の机に向かって
じっくりものを考える時間ってないんですね

けど

無駄な日記や記録はある意味では大切ですし
思いついたことも書き留めておきたい

ただし
あとで選別して処理(処分)するときに
捨てられずに悩んでしまって困る

そういうわけで
大事なことだけ書こうと思ってみたり
ゴミでもいいから書きまくっておこうと思う日があったりする

方針が少しずつ転換する日々なのです

🍀

もうすぐ 時期が来るだろうから
何を遺すかを真剣に考える日々です

そういう人って多いはず

一月尽
寒波が去ってゆるくぬくたい一月尽

子どもたちは越前町にカニを食べに行き
インフルエンザ警報も出ていながらも
今のところ誰も罹らずにいるので
ええやろう

霜が降りた日もあった

大寒のころに逝ってしまって
この冷たい土の中に眠った人は
さぞや寒かろうにと思いながら
駅への道を歩く日の出前だった

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中