もう少しで十月がくれるという時に台風22号 〜 十月尽

十月も暮れてゆきます

十月尽

風が秋から冬の色合いに着々と変化するのを感じた一瞬
周りの音が消えて
始まりかけた夕焼けに取り込まれてしまいそうになりながら
胸の電話に手を伸ばす

あの人に伝えたいのだという思いが湧き上がって来る
秋はセンチメンタル
けれども心は
あの人には届かない

風が呪文を教えてくれたとしても
それが秋を見送る言葉だったら
サヨウナラの哀しい別れ

あの人は遠くへいって
たぶんもう会えない人だろう

それだけに、誕生日のある
十月が終わってゆくときに
満ちはじめた半月をみて
ちょっと淋しさを感じたかも

冬が来るまでに
もう一度だけ夢を見たい

▶️  十月のある日に考える

少し前に久々に川柳を考えてみたけれど
震えるような情熱がなくなった今は
納得のいく作品が生まれてこない

▶️ まもなく

まもなく
二人目の孫が生まれます
名前はまだ考えていないみたいです

▶️ ストレス

ある人(って壇蜜日記3ですけど)の日記を読んでいて
「ストレス解消」のことに触れていた(本流ではない)

ぼくには今となっては全く無縁の言葉なのだな
ストレス

あの正体ってのは一体何者であったのか
そのことを考えると
少し哲学者になれるような気がする

 

広告

“もう少しで十月がくれるという時に台風22号 〜 十月尽” への 2 件のフィードバック

  1. 10月も終わりですね。でもまだ秋の日は明るいです。
    ブログに復帰しました。今までより間遠になるかもしれませんが、
    よろしく。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中