タグ別アーカイブ: かぼちゃ

処暑もすぎ焦げ付いたコンクリートの蜃気楼ともサヨウナラをしたい

部屋が暑いので
ゆっくりかこう

▶ 秋の田の刈り穂の匂いや処暑の風 裏窓から・処暑篇

広告

6月から7月へと あっという間に

♠ 7月になって暑くなりました

1日に名古屋に行って矢場とんでロースカツとヒレカツ丼を食べて
バーゲン行って(わたしは暇暇)
コーヒー飲んで快速乗って跳んで帰ってきた

いつもの店でカツオを買って
二晩続けてカツオを食べて満足している

♣ 6月はしっとりと暮れて

とくべつに何かを書きとめなくてはならないようなこともなく
暮れてゆく六月を惜しみながらのどごしを飲んでみる

限定と書いてあったので買ってみたら
懐かしビールの苦味ににた味がした

鯛のポアレを試みた
ムスメさんが自分もやってみたいと言ってたからまずくはなかったのだろう

このときにレモンを買ったので
宝の焼酎も買ってみて飲んでみている

焼酎って水みたいで味がしないので
ウイスキーを飲み直すから
お酒が早くなくなってゆく

♡ 図書館で宮下奈都さん

窓の向こうのガーシュインを借りてみた

ちょっとお休みしましてん金曜日

15日

前日の仕事の帰りに鼻血が出て
夜中もすっきりしなかったので
いろいろと調べると思い当たることありて
父のことも考えると(逝ってしまったわけとか)
気をつけようと思うのだった

そこで
思い切って15日は安静にして回復を待ち
心を入れ替えることにしたのでした

お昼は 玉子焼き+納豆
夜は サバの醤油漬け
お酒は ちょっとだけ(ダブルで一杯くらい)

日記には
鼻血が止まらず一日安静にしていた(わけでもなかったが)のでお仕事は休暇にしてもらった金曜日
と書いておく

鼻血が出て止まらないことは10年近く昔にもあって
毒ガスの(消毒ガス)研究をしていたころでしたか

知らない間にガスを吸うので鼻腔が爛れていたのだ
あのときは救急車で運ばれて
一晩中血が止まりませんでした
降圧剤を点滴して鼻を抑えているので
綺麗な看護婦さんにちんちんをつかんで
おしっこをやってもらったのが思い出です

さて

16日

安静にしていなくてはならないのに
6キロほどゆっくりと散歩をしてきて
きょうは 鯛めしでも炊きたいな
と思っています

まるごと鯛を乗せてもエエのですが、
二人なので切り身にしようか、
と考え中。

炊き込みご飯とか味ご飯はわりと好きな方で丼モノも好きです
カツ丼、玉子丼、親子丼、鉄火丼、中華丼など
毎回味が違うところに旨味があります

それから創作系ですが
・焼きそばヤキメシ とか
・イタリアンスパゲティーオムライス とか
・パスタヤキメシ とか
そういうのをよくします

モダン焼きを超発展して、
・モダンごちゃ混ぜ焼き
というのもわが家の定番です

名前から中身が簡単に想像できるけど
失敗しないで絶妙のバランスで作るのには経験が必要
レシピはない

おゆうはん できるまで 待っとって


今年はナゴが不作だそうで
伊勢湾では禁漁に決まった
とニュースが報じていました

3年前のFacebook からの写真です
何も 毎年 是が非でも食わねばならものか 自省も必要だろう
過剰な豊食欲や幸福感を満たすこともない

幸福感覚にボケが生じているだけに
社会的にも修正が必要とも言える

(15日)

きのうの里芋に続いて
きょうはかぼちゃ

メインは
一日一魚で 鯛の塩焼き(写真なし)

二月から三月へ


閏年の閏の日(29日)
さばの味噌煮をしてもらう
赤味噌の混ぜ具合で七変化
きょうはきょうでおいしい

朔日

家を出る時には

もう手袋もいらんな
手が冷たくならん 

そんなふうにひとりごちていたのに

朔日餅がよもぎ餅で
その朔日に未明から雪が舞ったみたいで
通勤列車で目が覚めると田畑は真っ白
駅前ではちょっとだけ雪が舞う

仕事から帰って自分の部屋に入るけど
何にも変わったこともなければ
写真を撮ってきたわけでもない

まだ、パソコンの部屋は寒い

おゆうはん

食卓にきても
ムスメさんはただ待つだけで
コタツでうたた寝

びっくりする買い物がありまして
おゆうはんの食卓はドキドキ

松阪肉のこま切れが3割引きで500円ほどだった
ということで300グラムも買ったそうです
(母と娘の買い物)

太田さんからメールが来て
JRの赤い子の運行状況を知らせてくれて

明日の日の出の時刻に
近所の鉄橋へ
カメラを持って
出かけることにする