タグ別アーカイブ: サバの味噌煮

11月も下旬へと

広告

ヌーボーというもの 旧知なもの

 

 

魚屋に3枚におろしたアジがあった
他に気に入った魚もなく
安上がりで済みそうなので
8枚一盛りで三百円あまりだったので
買って帰って
フライにしてもらった

ついでに
「ししゃも」もフライにしてもらう
これがまた、格別に旨かった
(写真はない)

🍀

年金以下の生活をしていると
ささやかな食事が楽しいのだが

ちかごろはあれが食べたいとかこれが食べたいと言うことが多いらしく
年寄りになってきた特徴だろうと子供に言われている

なるほど ピンポン

🍀

その前に食べたサバの味噌煮も旨かった

お店に行っても飲み屋に行っても
こういったものを注文する気になれないのは
確実に家で作る方が旨いからで

時々登場するお刺身にしても
お店の魚屋でじっくりと選んで買ってくるものは
上質で旨いものがあるので
外で食べるときには どうしても注文を避けてしまう

では、お店で食べると旨いものって何があるのか
となってくるのですが

自分で作れないもので
台所を汚したり
片付けに苦心したり
少量を買うのに適してないもの
ということになってくる

しかし
フグとかカニは
高額なので外でも食わない

一度食べたらもうええわ
と思うことにしている

🍀

少し工夫をすると
旨いものがあるものです

ところで
ボジョレ・ヌーボー
まあなんでもええから買って来て飲んでみたけど
とりあえずお祭りなんだからと思っておくことにする

美味しいワインを
その土地に行って飲んでみたい

11月中旬号 トントン拍子に

10日の朝に
孫ッち2 が生まれました

名前はまだない

お父さんも駆けつけてくれて
にいちゃんになった悠人と
一緒に我が家でおゆうはんです

悠人は
かあさんがいなくても
ちゃんと泣かずに寝られます

ムスメさんの退院は
15日の水曜日でした

退院の日も
お父さんはお仕事を休んで
来てくれました

我が家で
お肉を焼いて食べました

(飲んでるのはボクだけです)

昼ごはんザザ降りになってサバの味噌煮

♠ 帰りがけ街路樹で見つけたアブラゼミ

♠ 昼ごはんザザ降りになってサバの味噌煮

(25日)
帰り道の街路樹でアブラゼミが鳴いていたので
木をぐるりと回ったらとまっていました

近寄っても飛ばないので写真に撮った

(26日)
お昼ごはんは
サバの味噌煮ではなくて
豆腐ハンバーグでした

ザザ降りになったのでお買い物に制約がかかって
徒歩で帰るツマ サバを買って帰ったのだろう

塩焼きにするか
味噌煮にするか

なあ この前の味噌煮の赤味噌の具合は絶妙やったな
とは言葉にしなくとも伝わっていると思うのだ

今夜も赤味噌が冴えています


24日にムスメさんとこ
お宮参りに行きました

(23日)
シャケ

六月や水無月ひっそりはじまって

(6月1日)

お肉を食べて六月をお祝いしようと思ってもみたが
少しお腹の調子がすぐれないツマであるから
ギョウザをすることになった

24個ほどあっただろう
正確には数えていないけど
それでも1人8個だからと
兄弟の多い家族みたいに取り合いをしている

いっぺんにフライパンに乗せて焼く
ぐちゃぐちゃになっても
熱いのをまとめてホイと出すのがコダワリだ

(6月2日)

わたしの母は切り干し大根を味噌汁にするのがふつうだったが
食文化が寸断されて
ツマは煮物にしてくれる

メインはコロッケとかメンチカツだったのだ
(写真なし)

飲み屋風のわが家だから
突き出しみたいに出してくれた大根は絶品です

▶ 水無月の独り言ノートだけ分厚くて
▶ 六月や ぺんぺらぺんのカレンダー