突然死を思い断捨離をせなあかんと迫ってみてオロオロする二月中旬の或る日(無職日記)

断捨離を思いついてみたりしながら
二月になって失業者の仲間入りをして以来は
貧素な食事をするように心がけている

日記に書くこともないので
むかしの日記を整理しはじめて
断捨離を思いつく

ピックアップして一冊にしようと試みてみては
1600篇を超える日記を一冊にするのも
だんだんとバカバカしくなってきて
オフィスで書いたり PAGE で書いたりするものの
どれもこれも廃棄してしまうのだ

日記の整理も僕にとっては大事かもしれないが
死んだら廃棄されてしまうのだろう
それほど惜しまれることもなく
失くなってから読みたかったのだと言い出す人が出現するわけでもなかろう
忘れられる人であろうし

では
身の回りのものを引き継ぐことの方が
遥かに大切であるのかと考え始める

隠し資産や隠している愛人もいないので
そちらは安心

ネット関連のパスワードをきちんと言い伝えて
登録メールを処分したり解約したりする作業は誰がするのか
などと考えると頭の中が少しパニックになって
すぐ諦めて解放されて
考えるのはやめておこうと思い始めてしまう

何とかなるやろ


以下はエキサイトのブログから(ほとんど落書きの書き捨てのつもり)

🌱

ぬくたい日が続いている ひの菜がうまい

夏のなすびあえ
冬のひのな

ご飯をいただくときに最高にうまいと思うのだ


断捨離でもなんて考えたら時間が止まる

2019年 02月 11日

断捨離でもしよう
自室の本から
特別気に入っているものを
100冊ほど残して廃棄しようか

万一入院でもしたら
1年かけて100冊あれば足りるだろう


質素な食事が続いております

2019年 02月 13日

仕事を辞めてから
毎日が貧素です
粗食にして健康になろう


仕事なく曜日気にせず餃子食う

2019年 02月 14日

仕事がなくなったので
出かけることもないし
腹一杯餃子を食べよう
二倍くらい中身が濃い
ハローワークに行って
二通の紹介状をもらってきました

ぬくぬくとして鳥の声

広告

二月下旬号 34年ぶりに先輩に会う

二月下旬号

 

オオツカ先輩がご夫婦で伊勢に来るという知らせをもらい
二見の夫婦岩で待ち合わせをして
お昼を駅前の店で食べた(夢佳)

先輩はまったく変わりがなく驚くばかりで
髪もフサフサで真っ黒
大学時代と変わりないからスゴイわ

二見中のコザワ君にメールで教えてもらった「夢佳」という店は
古民家を改造した店でなかなかいい雰囲気

予約があって「商い終了しました」の札が玄関に掛かっていたのだが
閉めてますの?と言いながらガラガラと開けて玄関に入ると
オカミさんが出て来てくれてまんざらそういうわけでもないという

予約があるから忙しくしているというので
コザワに教わって来たんだと言いながら口頭で予約をしてから
夫婦岩の待合場所に向かった

先輩とは食事をしながら1時間以上も話ができて
とても嬉しい1日でした

結婚式以来だから

🍀

帰りに二軒茶屋餅を買って帰って
夜は焼き鳥をして
鯛の塩焼きも食べた

ご機嫌な夜でした

 

八宝菜の競演

1023八宝菜
わが家が食べ終わるころに届いた写真

夕暮れておゆうはんの支度に忙しいツマのところに
ムスメが何度も電話を掛けてきていたのは
八宝菜の作り方を教えてもらっていたのだった


20151023八宝菜
八宝菜
悔しいので
もう一度チャレンジしたのでした

先日は片栗粉がなく
涙をのんで
インスタントの酢豚の素でしのごうとしたのですが
なんとか食べられるね
と言いながらも
心は納得していなかった

だから
どうしても
もう一回作る必要があったのです

塩もきつくなく
甘みも加減よろしく
できいています

満足です

ムスメさんの八宝菜のほうが
美味しそうにできているのです
ちょっとそこが気にかかるのですが
味はどうやったのかね

八宝菜(酢豚)とブリ刺身

20151021ブリIMG_1943
久しぶりにブリの刺し身
冬が近いと思います

20151021酢豚IMG_1942
酢豚ではなく
八宝菜を作るつもりで
最後に片栗粉を入れようとしたら
在庫がなかった

仕方ないので
酢豚みたいな味付けになってしまったのでした


1021-31359
そんなこんなときに
ムスメさんの一人鍋の写真がとどく

旦那さんは課の飲み会だそうです