タグ別アーカイブ: 生姜焼き

11月中旬号 トントン拍子に

10日の朝に
孫ッち2 が生まれました

名前はまだない

お父さんも駆けつけてくれて
にいちゃんになった悠人と
一緒に我が家でおゆうはんです

悠人は
かあさんがいなくても
ちゃんと泣かずに寝られます

ムスメさんの退院は
15日の水曜日でした

退院の日も
お父さんはお仕事を休んで
来てくれました

我が家で
お肉を焼いて食べました

(飲んでるのはボクだけです)

広告

大暑も過ぎて 七月下旬号

🍀七月中旬から下旬へ

健康診断での体重は減ったのですけど
2年間の前半1年目でそれほど減らず
後半でぐぐぐと減量しましたから

どこか具合が悪いのとちゃうか?
大腸ガンとか

と そんな心配もありながら

ガンマGTPの値が高くて
それも3年分のデータがみんな高いわけで
体重が少なくなると
「高い目」マークが目立つ

そんな夜は生姜焼きを食べて
静かに夜を過ごす

23日には大暑を迎える
いよいよ覚悟の夏である

夜は
鯛のペペロンチーノ風
だった

鯛は県内産で
お肉は普通の国産牛
だけどお値段はちょいと高いもの

やっぱし旨い

食べ過ぎはあかん
けれどもついつい

ウチの人は同じ食事をしたのに
あくる朝(24日)にPPP

当たったみたいな症状が出てしまい
大変なことになってしまう
ぼくは平気なんですけど

というわけで
24日は急遽 休暇をもらって
ツマがお医者さんにいく付き添いをする

お昼寝もして
身体も休めて
のんびりした月曜日だった

そういうわけで

🌿24日には
ししとうとオクラ
を炒めてみた

ネットを彷徨っていて
オクラとししとうを炒めていた人があったので
面白そうで真似してみる

ペペロンチーノ風で
これが絶妙に美味しい

赤ピーマンを一かけふたかけ
混ぜてもよかったかもしれない

++

お昼は うどん
冷やしうどん梅干しのせ
にしている

質素倹約は大切なことで
健康にも良いと信じている
お昼から飽食はいけない

冷たいおうどんを作って
梅干しをのせていただく

雨降りが続きます六月下旬

雨降りが続きますねえ
いかがお過ごしですか

昨日今日と休みが続きます
雨降りですから家にいます
(晴れててもいますけど)

仕事がないので金もない

🍀

ブログってのは幸せで満たされた日記が多いです
そうでしょ みんないいことしか書かないからね

悪いことや
落ち込んだことや
怒ったことは
書かないでしょう

読む方も読まされて楽しくない点もあるから

世の中の大勢の人は
格差を感じて
決して豊かでない暮らしや
健康面で不安があったり
家族に事情があったり
個人で不運があったりする日常を
ひっそりとしまいこんで
いる人が多いわけです

そうすると
ブログや日記にも気持ちの上で格差が出てくるのよね

わたしは あんな風には生きていけないし暮らせっこないわ
そう思う人もいるわけです

かといって
傷を舐め合うわけにもいかないところが辛いのだ

分かり合えることが大切なんですけど

🍀

総理大臣は
物事の進め方として
人間的にとっても格好悪いことをしているのに
誰もその格好悪い(いうなれば卑怯な)やりかたを指摘しないし

子供の頃に鬼ごっこをして
そんな中にも卑怯な奴がいた

卑怯なことをするなよ
と怒る奴がいたものだけど
この時代はそういう人も
姿を消しつつあるのかもしれない

仕事から帰ったあと着替えて
おゆうはんまえに
飯台に腰掛けて
うちの人と
ポツリポツリと話をする

奥まった台所で
うちの人は食事の用意をしながら
何かおつまにになるようなものを
こしらえてくれて
小鉢に入れてポンと置く

ツマラナイ話もある
他愛ない話もある
社会に向けた怒りをつぶやくこともある
子どものこともある

電車の中で話をしたJKちゃんとの会話をしゃべることもある

天気予報を見て
明日を占うように
何かを思い

食べ過ぎないようにと口癖を繰り返して
水割りを飲む

ときには内緒で1、2杯余分に飲む

知ってるくせに
知らん顔して
アーモンドを5粒ほど出して
2粒ほど先にすっと持ってゆく

🍀

日曜日の夜には
鯛のお刺身を食べた

お刺身は好きです
週に何度も食べます

何日かが過ぎると
あの日何を食べたのかさえ
忘れてわすれてしまっていることがある

やがて
何もかもを忘れてしまう日が来るかもしれない

🍀

数日前の日記に書いたけど
死ぬときには後悔するほどに
常に何かに向かって達成させようと
燃えている生き方をしよう

おいオマエ そんなことできるか
とぼくを
叱ることのできるような人が
四十を過ぎたあとから
ほとんどいなくなってしまった

もう誰も叱る人はいない
はたしてそれでいいのか

雨あがって タケノコ届く午後のひととき


四月も中旬になりますと
夏に向かっているのを感じます

麦畑は 去年と同じように 青々としてきて
田んぼには 水が来て 田植えが始まる

食堂には新採の若者が溢れているので
売店で三百九十円のお弁当パックを買って
デスクで食べている

インスタント味噌汁を持っているのですけど
熱いものはちょっとええわという気候ですから
2回目からは作るらなくなった

春の土砂降りが周期的にやってきて
少し遅れ気味ではあるものの
筍が今年も上がって ちゃんと湯がいてからいただく

朝 モリモリと顔を出したらすぐに掘り起こし
1時間もしない間に湯に通してくれる筍を
午後にはおすそ分けでいただく

竹やぶは 素性のよくわかったところで
水も良好 周囲の環境も絶好という
素晴らしい血統の筍だ

おいしい

クリスマス ひとつワインがあるだけで - 師走も暮れゆく

よく似てますね
作り方を手取り足取り教えたわけではないのですが
父の真似して上手にできるようになりました

秘伝?の角煮
にも書いたけど

クリスマスはささやかに二人で
ワインとチキンですごそうかと

ケンタにチキンを予約したり
近所のケーキ屋さんにショートケーキを買いに行ったり
生ハムを買ったり
スパークリングな日本酒を買ってみたり

色々して楽しんでますが
昔のように華やかにはいかない

年収が四分の一ですから


というわけで

23日 (金)

(チキン)
ゆとりのない暮らしをしていても
世間が騒ぐときには一緒になって
食べるものも食べて飲むものを飲んで
体も心も解放させたいというささやかな思いを
少しでも叶えてやりたいと考えて
ひそりとクリスマス前に
二人で贅沢をした

(ピザ)
うちの人はピザが食べたかったようで
スーパーの棚積みのお値打ち品を買って
ガスのグリルで焼いてくれた
美味しくできて嬉しい

21日 (水)

バラ肉の他にブリも買って
勢いづいて大根と炊いてしまう

ちょっと贅沢やったかな
おゆうはん

♠︎

1日ゆっくりすることができたのと
買い物に出かけたらちょっと使えそうなバラ肉の塊があったので
今夜は角煮になったのです

20日 (火)

はっきりしない天気であったが
それほど寒くないので
あたたかい食べ物をというような願いはあまりなく

むしろ ついつい気が緩んで暴食になってしまったのを
元に戻すためにも地味な夕飯がいい

❤︎

数日前には
この朝焼けの中をセントレアから
急上昇する飛行機雲が見えたのだ

真っ赤な飛行機雲が
真っ赤な朝焼けを横切って行ったのです

どこに飛んで行ったのだろうか

19日 (月)

日曜日に買ったアジの開きを食べる

ムスメが帰泊
ですが 普段通りの食事とする

このアジ
うまい

18日 (日)

八代亜紀の
ステーションホテル24時
を聴いて日曜日を過ごす

午後に買い物に出るのですけど
贅沢品は自粛している