タグ別アーカイブ: 筑前煮

成人の日が過ぎるころまで

あっという間だ

 

広告

十二月中旬号・その二

十二月もいよいよ中旬に入りました
あと幾つ行けば仕事を納められるか

11月10日にけんちゃんが生まれて
産休で帰っているムスメも
お正月前にはお家に帰っていくことでしょう

ゆうちゃん・けんちゃんと離れて暮らしても
1週間に一度会いに来て泊まっていくお父さんも
少しばかりリズムも出て来て慣れてきたところもあろうけど
疲れもたくさん溜まっていると思います
仕事も忙しいようです

ご飯を用意するうちの人(ばあちゃん)も
あれこれメニューに思案して疲れているかも

🍀

一年間を写真を見ながら振り返ってみたりしても
あっという間に過ぎ去ったということだけが言葉で残っているだけで
六十年という年輪は特別な形をしているわけではなく
確かにあの時は大きな出来事や困難な試練であったものでも
年輪の中に凝縮されてしまったら
ちっぽけな窪みのようなものに過ぎないかもしれない

地獄の果てまで恨むだろう・憎むだろうと
そんな執念深い面を持つ自分の横顔であるが
怨念の熱さが昔ほどでもなくなって
もう昔のような悪人気取りもできなくなって来た

何と温厚で義理堅く控えめで角のないニンゲンに……

急に変身することなどは叶わないのだろうが
もう維持を張るのも、仮面をかぶり続けるのも嫌だと思う

🍀

政治系や社会系の哲学じみたことを肴にして
酒を飲んで喋り続けるのが日常だったが

もう誰に反発をするつもりもなければ
もう何を非難するつもりもなくなった

🍀

新しい社会を生きてゆくのは
新しく若い人たちで
その社会を構想するのは
新しい社会に恩返しをする世代の人たちで

もはや
わたしにはそんな居場所もないのだから

上手く言ったもんで
隠居なんです

 

 

縁側で温たい陽を浴びて柿を食う

11月の連休も終わってホッと一息

里芋ふたたび(8日)
筑前煮で一杯(7日)
お出かけしてたのでお店で鯖の高菜巻き(6日)
ごぼうサラダに再挑戦(5日)
手羽中を焼きまして あくる日のお昼にラーメンの鶏がらスープを(5日)
卵焼きとかフユ柿とか のんびりなペースです(5日)

💚

手羽中の食べガラでスープを取る発想は良かったのですが
昆布や鰹節、野菜くずとかもダシにした方が良いでしょう

お手軽なところでは インスタント生ラーメンを作る際のダシ汁か
袋ラーメンのスープを入れるお湯にこの鶏ガラダシを使うと
お手軽に味が出せそうです

❤️

里芋は 二回に分けて食べました
少し濃いめに味付けをする方が好きです

卵焼きは ダシ巻きにします
ダシを多い目で 少し甘めが好きです

鯖の高菜巻きはお店で買います
どちらの名産んなのか わかりませんが
ウチらの方にも売ってます

お魚屋さんが寿司を出しているので旨いです

そろそろお鍋が恋しいか

筑前煮

ニラ卵炒め
夏の終わりに一生懸命に勉強していたムスメの旦那さんが
試験に通ったという知らせが届いた

お酒を飲まない人なので乾杯をしてもそれほど喜ばないだろうけど
何かちょこっとした食事でもしたいなと
私たち夫婦で食べる楽しみの計画を立ててみたりしていると

ムスメの家のニラとタマゴを炒めた料理の写真が届いた


十七夜そろそろお鍋が恋しいか

うちは
しょうが焼きをしようと言って
ちょっと厚めの豚肉を買っていたのだが
野菜もたくさん冷蔵庫にあるし
ぴりっと肌寒いのでお鍋をした

まだ半袖のカッターシャツで通勤している
そろそろ長袖にするかな

そんなことを考えている

朝は雨が上がったところで傘なしで出勤し
帰りは快晴となって夕やけも出ないほどだった
おなべ