「月のはじめに」で検索をしてみた

「月のはじめに」で検索をしてみた

毎月 はじめに
少しゆっくりと
考える時間をつくって
自分を見つめ直す

そんな時空を大切にしたいが

ちかごろは
せっかちで
人に合わすのもめんどくさがって
インドアですね
と言われるほどに
行動力も落ちて来た

それでいいのか

🍏

– Walk Don’t Run –

検索結果(10件ヒット)

  1. 拗れる、拗ねる ─ 月のはじめに考える(その続き)
    ▼ 拗れる─こじれる風邪をひいて8日にあったミドラの練習を休んだのを始まりとしてずーっと風邪
  2. 拗れる、拗ねる ─ 月のはじめに考える
    拗者、拗体と例がある。これらを見ながら「月のはじめに考える」ことになった。(つづく?) 進化するおゆうはん(12月1日)野菜炒め(おゆうはん写真 久しぶりです)▶…
  3. 七月のはじめに考える
    一年の半分が尽きてしまったのだ。いつもの今頃よりも、集団的自衛権の行使のニュースのこともあっ
  4. 三月のはじめに考える ─ 草臥れる
    wahaku▼そうなのか我が人生の草臥れて02-12 10:01 二月の中頃にこんなことをつ
  5. 二月のはじめに考える ─ 自然と暮らす
    椎茸の菌打ちの様子が上野森林公園のHPで紹介されています。筆者が小さいころ、菌打ちの風景は決
  6. 冬布団ぬくぬく  ─ 立冬篇
    にある。▼ねぶか持ち蕪村のごとく夜寒かな月のはじめに母を訪ねたら、畑に出ていたのでそこまで行って、白菜がほしい、と願いでたら、まだ時期が早いわ、と言う。玉葱の植え…
  7. 11月のはじめに考える ─ 目線をかえる
    11月2日に上から目線、 という言葉がある。悪い意味で使われるようだが、わたしはこの言葉を悪
  8. 月のはじめに考える ―霜月
    前略、本屋には手帳が並び始めましたね。そんなふうに白い紙の端切れに書いて、そんな便りを届けた
  9. 6月のはじめに考える - 神去(かむさり)なあなあ日常
    メルマガから—【巻頭言】 夏も間近に迫ってきました。クールビズもすっかり定着して、朝夕の
  10. 月のはじめにゴミを出す(血液型、好き嫌い)
    月のはじめに考える…を書きたいのだが、考えが纏まらないので、ゴミでも出すか。▼血液型。リポビタンDと血液型占いは、日本人の…
広告

連休 のらりくらり

連休 のらりくらり


(八十八夜に考える)

を書いたあと
連休をぼんやり過ごしています



男のひといきから

男のひといきから
新聞を切り抜いて
読み終わったから
捨ててしまおうと
そんな風には
できずにあるひとつの記事がある



絲山秋子 離陸
絲山秋子 離陸

絲山秋子 離陸

のそりのそりと
読んでいる

寒波な土曜日

昼食にシャケのフライが出たことをポロリと漏らしたあくる日の夜
昨日フライになって出る予定だったシャケがそろりとお出になりました


土曜日迎えて朝寝をしている

来月から土日無用の勤務体制に突入する
しばらくは季節のこよみとさらに仲良くやっていく

ツマと私は気が合うのかどうか
木曜日(21日)のお昼に鮭のフライが出て夕方にそのことをポロリと言ったら
おゆうはんに鮭のフライを予定したのが変更になって
金曜日に姿を変えて出てきた

玉ねぎもピーマンも椎茸も人参も
チーズものせてある

20日(水曜日)は父の墓に参りに母を訪ねる
ムスメを途中の駅で拾ってお昼を買って
午後に墓に参る

月曜日(18日)の朝に緩めの雨が降り関東は雪だった
こんどは火曜日にウチもブルっときて
水曜日の朝には京風が吹き荒れて列車が遅れたる運行停止が相次いだ

運良くお休みにして墓に出かけることにしていたので
交通混乱には巻き込まれずに済んだのだった

寒波の予想は25日(月曜日)にピークを迎えると予報が出ている